無料体験受付中

2019年4月から小学生向け5期生、中高生向け10期生がスタートします。

無料体験のお申し込みはこちら

Processingでシンプルなデジタルクロック

プログラミング

生徒から受ける質問で意外と多いのが時間に関するもの。プログラムの中で時間を使って何かをしたいという要望です。例えば時間に応じて、会話ボットの答えを変えたいのだとか。
ということで、ここではシンプルなデジタル時計を作ってみましょう。
Processingの場合、hour()、minute()、second()という関数を使えば現在の時分秒が簡単にわかります。
これを表示するだけなので下のコードのように簡単です。
尚、nf()は表示フォーマットを指定するもので、2桁の表示としてあります。文字列型の値が返ってきます。

void setup() {
  size(1024, 256);
  textSize(220);
}

void draw() {
  background(50, 50, 255);
  fill(255, 255, 100);
  text(nf(hour(), 2)+":"+nf(minute(), 2)+":"+nf(second(), 2), 10, 200);
}